2015年01月16日

インプットとアウトプット

こんばんは。
いるかもしれない見てくださっている方にご挨拶を。
出会えたことに感謝。どうもありがと
うございます。

ひっそりこっそり書いているこのブログも、もうすぐ1カ月。

日本語教師以外の方にも楽しんでもらえるように、ちょっと工夫していきます!

と、宣言はここまでにして。

わたし自身がそうなのですが、なぜせっかく習った英文法や英単語がすらっと出てこないのでしょうねえ。

学生たちもよく言います。
「習ったけど使えない!」
「もう忘れた!」

で、もう一度自分で考えてみると、
・使ってみたいと思ったとき=興味を持ったとき
・強烈に印象に残ったとき
・何回も見たり聞いたり書いたりしたとき
これは、記憶に残るんですよね。
インプットはできる。

そこからアウトプットする、つまり、使えるようになるにはどうしたらいいのか。

・使ってみて、うまくいったとき
・使ってみて、楽しいとき
・どうしても必要だから、調べて使ったとき

いちばん上の例は、中国留学時に「何かこの場面では、こういう言い方してるんだ」と、他の日本人留学生や韓国人留学生の真似して言ってたシェマイースーとかヨーイースーとか、ウースーラとかです(笑)
(正解は、什么意思と有意思と飢死了。今でも言えるけれど調べないと正しく書けません…)

2番めの例は、イギリス留学時に仲間うちで流行ったoops-a-daisyです。
古臭い言い方だよ、と教えてもらったのに、何かあるたびに言ってました。

最後の例は、海外旅行とかで必要だから覚えた、「いくらですか?」などの必須会話ですね。

ということは、上の3つを授業に組み込めば、運用につながるのだとは思うのですが、なかなか難しいですね。

それに、あと一歩踏み込んで、中上級文法の運用につなげたいのですが、何しろわたし自身がどの語学も上級に達したことがないのでわからない!

N2語彙文法の運用に悩んでいる1講師の呟きでした。
もう少し悩んでみます。


posted by 穂村香 at 22:29
"インプットとアウトプット"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。