2017年05月19日

45課 お金があるので、ハンサムじゃないのに、彼女がいっぱいいます

45課 「のに」の授業をしました。
日本人って、「のに」好きです。よく使います。
と言ったら「どうして?」と学生に聞かれました。

うーん、どうしてだろう?

たぶん「気持ち」が入るからじゃないかなあ、と答えました。

「えーっ!本当!?」とか「嫌だなあ」とか、「普通じゃないなあ」とか。
気持ちを相手に伝えるのは大切なんです。

ところで、「のに」です。
45課までくると、いちいち動詞とい形、な形、名詞に分けて、普通形の確認をするのも時間がかかるので、省きます。スパルタ方式です。ある程度説明したら、あとは自分で考えて、と言ってやらせてみますが、案外結構ちゃんとできるものです。今日は本当に感心しました。できないクラスと言われていても、大人なのです。

例文を紹介して、
① 「のに」は「が」や「しかし」の友だち
② 「のに」の前は普通形
③ 「のに」は「が」と違って「普通じゃない!」という気持ちがあるので、普通じゃないことが後ろにある
④ 「のに」の後ろは普通じゃないことだから、自分がすること・しないことはダメ

これだけ説明して、いきなり前件を書いた紙(動、形容、名混合)を渡して、短作文してもらいました。

もっとつまずくかなあと実は思っていたのですが、予想外にスイスイ進みました。

人気があった前件は「わたしの祖母は80歳です」

わたしの祖母は80歳なのに、元気です/まだ働いています/何でも覚えています/まだ死んでいません(こら)
など、すらすらっと出てきました。

たまに
今日は休みの日なのに、どこでも行きません。
と「ん?」となる文を作っていましたが、「行きません」は自分がしないことだからダメ、と言うと
今日は休みの日なのに、どこも行けません/学校へ行かなければなりません
などと、ちゃんと変えて言いなおしていました。

他には、間違い探しをさせました。
わざと変な文を見せて、正しい文に変える練習です。
これ、結構好きみたいです。それで、今日のブログの題名です。

×ハンサムなのに、恋人がいます
〇ハンサムなのに、恋人がいません
◎お金があるので、ハンサムじゃないのに、恋人がいっぱいいます

勝手にいろいろ作って遊んでいました。
先生、あなたの学生を信じなさい。(『母ちゃん、あなたの娘を信じなさい』泡専科のCM風に読んでください)放任しても、意外とついてくるものですよ。

Cの会話も上手に作っていました。今日は、人の部分を友達に変えて自分で作らせました。

A:田中さん、今度結婚するんですよ。
B:えっ、信じられませんね。あんなに独身がいいと言っていたのに・・・。
A:そうですか。

A:〇〇さん、今度国へ帰るんですよ。
B:え、信じられませんね。あんなにお金がないと言っていたのに・・・。
A:本当ですね。

楽しそうにやっていました。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村


posted by 穂村香 at 21:47| Comment(0) | みんなの日本語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。