2016年07月30日

として日本へ来ました

「として」を教えるときに、いちばんセオリーなのは「留学生として日本へ来ました」だと思います。
先日、
「日本にはいろいろな人が来ます。
皆さんは日本語を勉強しに来ました。
留学生として日本へ来ました。
でも、他にもいろいろいますね?」
と聞いてみて、
観光客として〜、ビジネスマンとして〜、などといろいろな立場を挙げてもらいました。

その時、ある学生が
「refugeesとして日本へ来ました。先生、日本語でrefugeesは何ですか?」と聞いてきました。

恥ずかしながら、その単語の意味を知りませんでしたので、すぐに辞書で調べました。

皆さんはご存知でしょうかrefugees。

難民として日本へ来ました。
正解は難民です。

日本語教師歴が長くなり、知らない英単語でも文法項目から推測して、たぶんこんな意味だろうなと想像することが多いのですが、今回はその力もまるで発揮できず…全くわかりませんでした。

要は、わたしの中に「難民として日本へ来る」という、その事象が頭の中になかったからだと思います。

ニュースでは連日のようにシリア難民について取り上げられていたり、EUでの難民政策や、オリンピックへの難民チーム参加など、「難民」について触れる機会、聞く機会は多くなっているけれど、自分への関わりがないものだと、表面的な関心・理解しかないことに気づかされました。

年々新しい単語を覚えるのが苦手になっていますが、今回はしっかり覚えました。


posted by 穂村香 at 15:08| Comment(0) | 学生 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。