2016年07月23日

話す力と書く力

思っている以上に2つの間には開きがあるのだなあとつくづく感じます。
まあ、私自身もそうですが。

外国に行ってその地で過ごすと、何度も耳から入ってくる言葉は「何となく」覚えて使うようになるのですよね。
それで、聞こえたとおりに発音してみると、割と通じるからうれしい。
でも、その言葉を「書いてみて」と言われたら、固まってしまうと思います。

学生に書かせたものを見ると、いつも思います。
上手に話しているのになあ、案外違う発音で話しているんだなあ。とか。

授業のときには問題なく使えていた文法なのに、なぜ書かせると間違っているのかなあ、やっぱり理解できてなかったのかなあ、とか。

話すのも流暢で、書くのも正確にできるなら、それはもう日本人だろ、と最近思うようにしています。

四技能全部バランスよく、というのは理想ですね。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村


posted by 穂村香 at 23:12| Comment(0) | 学生 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。