2015年02月01日

愛の歯

いちばん書きたかった話!

親知らずは、親の元を離れてから生える歯のこと。
親も生えたことを知らない歯、という意味。
それぐらい大人になってから生えるもの。大人になる基準を指してるのでしょうね。
つまり、日本人は親許を離れ、自立することが大人の証。

モンゴルでは「25歳の歯」というそうです。
25歳がこちらでいうところの成人、大人なのでしょう。

中国や大陸では「知恵の歯」。大陸らしい発想だなあと思います。

韓国は「愛の歯」だそうです。
愛を知ることが大人なのですね。愛を知ると、生えてくる歯。

もう10年ぐらい前に聞いたのですが、好きすぎて忘れられない、歯の話。

他の国の学生にも聞きに行かなければ。
コレクションしなきゃ!


↓ランキングに参加しています。ぽちっとしていただけたら、励みになります。
お暇なときにコメントなどいただければ、泣いて喜びます!
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村


posted by 穂村香 at 10:43| Comment(0) | 学生 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。