2015年01月25日

日本語学校の先生のお仕事

今日もいいお天気ですね!
週末にしか自分のことができないので、週末がいい天気だと嬉しくなります。

さて、日本語教師を目指している方への日本語学校通信という名目でもブログを書いているので(実はそうなんです)、わたしの日本語学校でのお仕事を少し書いてみようと思います。

あくまでわたしの学校ですから、全然違うところもあります。
一参考例として、お読みください。
(身内にバレませんように・・・・・・)

日本語の先生のメインのお仕事は、もちろん授業です。
学校によって1コマ50分とか45分とかいろいろあるかと思いますが、基本的に出勤すれば1日(または半日)分のコマを任せられます。

授業が終わってからは、宿題のチェックや、テストがあれば採点です。
うちの学校の場合は担任の先生がいるので、その先生への報告もしてもらいます。
それから、次の時間の担当の先生へメールで報告。
チームティーチングなので、報告と連絡を大切にしています。

非常勤の先生にもクラス担任をお任せすることがあります。
クラスをまとめられそうな力がある先生や、学生個別のフォローができそうな先生にお願いすることが多いです。ただ、そんな力があっても、週1や週2で出勤の先生には、残念ながらお願いはできません。

担任の先生には、面談や進学先紹介を含む学生の進路指導(うちは進学希望者を受け入れている学校なので)、生活面が荒れている学生への対応、例えば電話連絡をいれるなどもお願いしています。
クラスのことは、担任の先生にまず対応をお願いします。

それから、いちばん重要なのが、そのクラスの長期予定と短期予定(時間割)を作成することです。
カリキュラムの作成、と言い換えてもいいと思います。
相談には乗りますが、これも基本的には担任の先生にお任せです。

最後に、行事等への参加。
入学式卒業式などの形式的なものはもちろん、遠足や運動会などにも参加して、一緒に運営に携わっていただきます。

うちの学校の仕事はこんな感じです。

他の大手学校などは、担任、カリキュラム作成、生活指導が分業制になっているところも多いと聞きますが、うちのような中小企業は、全部関連した仕事としてお願いしています。
だから、ビジネスライクに授業だけしたいとか、決まった時間でだけ働きたい、という方には不向きな職場だと思います。

今回言いたかったことは、日本語学校と一口に言っても、いろんな形態の学校がありますので、応募されるときには学校のカラーをしっかり聞いてみることが必要だということです。
自分の思惑と違う仕事をさせられたり、できなかったりしたら、お互いに不満も溜まりますものね。

ただ、どこの学校でも「ボランティアと日本語学校は違う」ということは共通していると思います。
それは学費と、講師のプライド。

これも先輩から教えてもらった言葉ですが、
「学生は学費を払って授業を受けているのだから、先輩も後輩も経験者も未経験者も関係ないよ。
1回の授業は受けたらもう返ってこない。その学費の分だけしっかり教えないといけないよ。」

重いですが、大切にしたい気持ちです。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村


posted by 穂村香 at 10:46| Comment(0) | 先生 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。