2015年01月22日

19課「〜たり、〜たりします」の次にしたいこと

こんばんは。今日も、くたくたになるまで働いてきました~。

でも、ブログ更新しているのは、明日の担当コマが少ないからです。
勤務の時間割上、週の後半は少し余裕があるので、帰りの電車の中でこのブログを書いています。
余裕がないときは、行きも帰りも仕事してます。

そんなハードなお仕事ですよみなさん(笑)!

さて、久しぶりにみんなの日本語関係の話題を。

19課にもなると、語彙も増えてきているし、日本語に慣れてきている一番楽しい頃ではないでしょうか。

文法項目もそんなに難しくないし。

と、学生は思っているかもしれませんが、甘いです。甘々です。
わたしの大好きなスタバのキャラメルフラペチーノより甘いです。

「〜たり、〜たりします」の、動詞をた形にするのが難しいのではありません。
そんなことは「〜たことがあります」で、散々練習しているので、できて当たり前なのです!

「〜たり、〜たりします」、一番大変で一番楽しいところ、それは文末を変えればどんな文型にも変えられるところです!これは、ハマるととっても楽しいのです。

もちろん、練習Cや、問題、標準問題集に至るまで、全てにその文末変換の問題があるので、必ず練習しないといけない項目なのですが、案外見過ごされているのではないでしょうか。
(それとも、昔のわたしがダメダメだっただけ?)

下に書くのは、この間の授業の様子です。
ものすごく思いどおりに進んだので、記念に書いておきます。
Tは教師、Sは学生です。



T:趣味は何ですか?
S:ゲームをすることです!(←自信満々に)
T:いいですね〜。ゲームだけですか?
S:漫画を読むことです!(←また自信満々に)
T:そうですか〜。じゃあ、ゲーム、漫画、1つにして、全部言ってください。(★この指示はジェスチャーや板書をフル活用して出します)

S:??(少し考えたあと、)趣味はゲームをしたり、漫画を読んだりします。
T:いい間違いですね!(←してやったりの顔で)



やっぱり性格悪いですね、わたし!
この練習は、趣味に限らず何にでも応用がきくので、こちらとしては楽しいです。
「教室で何をしてはいけませんか?」など、今までに習った文型をたくさん復習できるし、
学生も長い文が言えた!という達成感を味わえます(味わっているはずです)。

そんなに能力が高くない学生には、「〜たいです」ぐらいのわかりやすい文末で練習させるのがいいと思います。

ちなみに「いい間違いですね」は、自分の中での流行語です。
違います、と言うより学生はダメージが少ないようなので、愛用しているフレーズです。

新しい文型だけでなく、以前に習った文型も使って長い文が言えたら、きっと嬉しいですよね!

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村★誤字がありましたので、修正しました。
★重複して投稿していましたので、1つ削除しました。

スマホは便利ですが、操作が難しいですね!
posted by 穂村香 at 20:34| Comment(0) | みんなの日本語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。