2015年01月18日

「休みます」と「休みです」

忙しい日本語教師のみなさん、ちゃんとお休みはとってらっしゃいますか?

わたしは「休みの日は休む!」をモットーに、この週末はこたつでぬくぬくだらだらと過ごしています。
ですから、2日連続の更新です。
嬉しいことに、用事もなく、暇を持て余しています。
教案は書かなければならないのですが、基本、ぎりぎりにしか着手しません!
だって、お金発生しないもの!(心の叫び)

非常勤講師も専任講師も、この業界、収入は多くないのですから、割り切ることだって必要ですよ。
と自分に言い聞かせる。

若かった頃はそれこそ四六時中、仕事のことばかり考えていましたが、「それはおかしいだろう」と、
ようやく思えるようになってきた中堅社員。
残業代なぞ出ないので、極力、定時退社を目標に手早く仕事を終えるように。
自宅での作業もできるだけしなくて済むようにしています。
それでも1時間超の残業は毎日ですが。
ということは、サービス残業が20時間以上発生することに!
これはいけません!目指せ、脱ブラック!(笑)
皆でさっさと帰りましょう。
自分の身は自分で守らなければ。

さて、標題の「休みます」と「休みです」ですが、意外と学生には難しい使い分け。
今度学生が迷ったときに使ってみようと思って温めている例文です。
↓↓↓
「わたしは忙しいです。日曜日は休みですが、休みません。うちで仕事します。残念ですね」

この例文を「嘘ですよ~」と笑い飛ばせるような環境に変えていきたいものです。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
posted by 穂村香 at 11:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。