2014年12月26日

30課「〜てあります」の助詞

「〜てあります」の概念は、どんな参考書、文型の辞典にも書いてあるので、わたしがああだこうだ言う必要は全くないかと存じます。
というよりも、わたしごときが偉そうに解説なぞできません。

なので、ちょっと視点を変えて。
学生がよく間違えるのは、「〜てあります」の自他動詞と、助詞なんですよね。

で、わたしが学生にやってみてうまくいったやり方をご紹介します。
機会があればぜひ参考にしてみてください( ´ ▽ ` )ノ

教室に机が             あります。
教室に椅子が          あります。
↑10課でやってるのでとっても簡単。
どんどん質問します。学生も簡単な復習なので、ノリノリで答えます。
この時は第1段階なので、10課でやった存在の「あります」で作れる机や椅子、人形、花瓶などに限定すると理解しやすいようです。

☆板書は  あります  の前を上のように空けておくのがポイントです。

(机を指しながら言う)教室に置きました
教室に机が  置いて  あります。

(椅子を指しながら)教室に並べました
教室に椅子が  並べて  あります。
板書で空けておいたところに書き加えます。色を変えてやるとわかりやすい。

☆この時、簡単ですね〜!と暗示をかけておくのがポイントです。
あと、後から書いた『置いて・並べて』の下に[他動詞]と書いてやれば、なおわかりやすいかと。

☆この練習は、「に」をとる動詞
に置く、にかける、に付ける、に止める、に並べる、などに限定してやるのがミソだと思います。

理由も考えさせます。

出かけますから、かぎ をかけました。
ドアに かぎ  が  かけてあります。

冷たいビールが好きですから、冷蔵庫に入れました。
冷蔵庫にビールが入れてあります。

「(〜の)〜が〜てあります」になるものも紹介します。

寒いですから、エアコンをつけました。
エアコン  が  つけてあります。

寒いですから、窓を閉めました。
窓  が  閉めてあります。

友だちに服を借りました。返す前に洗います。

友だちが言いました。
あ、服が洗ってあります!

☆テレビ・パソコンなどは、教室のエアコン、うちのテレビ、事務所のパソコン、になります。
「教室にエアコンがつけてあります」
ではないです。
どんなエアコンかを言ってるので、教室のエアコン、ですよね。これはちょっと難しい。

☆冷やします、破ります、壊します、折ります(全部教科書にない語彙)なども、同じだと思います。「に」をとらない動詞ですから。たぶん、助詞の変化は、一緒に使う動詞に関係するのでしょうね。不勉強ですみません。

ちょっと変な文を作ってみます。

消しゴムが落としてあります。

落としたいですか︎
落としたいですから落としましたか︎

と、大袈裟に聞いてみます。

違うときは、消しゴムが落ちています。
好きな人に拾ってほしいからわざと落としたときは、落としてあります。です。

☆あと、わたしはおせんべいを割って食べる派なので、学生の目の前で自分で食べやすい大きさに割ったおせんべいと、鞄の底に入れて粉々になったせんべいを見せて、文型の違いを説明したりしています。

ここまでやれば、だいたいわかってくれるはずです(・ω・)ノ

みんなの日本語の山場、29・30課。でも、できるだけ楽しく乗り越えたいですね〜


にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
posted by 穂村香 at 22:15| Comment(0) | みんなの日本語 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。