2018年01月30日

48課はイラストを使いまくる

こんばんは。
今年は寒波がひどいですね。
寒い地域出身の学習者さんに体を温める飲み物の作り方を聞いて、寒さを凌いでいます。
そしてズボン2枚履き最強。

普段は「導入は場面設定が大事。耳から既習の語彙を使って、学習者の身近なことで言いたい気持ちを作ってもらう」ことを目標にしているのですが、何しろここは「使役文」。
概念が難しいというか、普段使わないというか、学習者が目上の立場になることがまだないから、ピンとこない。

そして、これは昔の失敗なのですが、場面を教師一人で演じると、学習者にはわかりづらいようで…
まあ私の進め方が悪かったと言えばそれまでなのですが。

失敗した昔のやり方は以下のとおり(簡易版)

先生は皆さんにいつも言いますね。
「本を読んでください」「前を見てください」「書いてください」
先生は学生に本を読ませました。


結構オーソドックスなやり方だと思うのですけどね…。
実際に動作もさせているのに、これがまあ、理解してもらえない。

一番覚えているのは「てください」と何が違うの?と言っていたこと。

ということで、普通のやり方が通用しないなら、邪道でいくまでだと思い、絵を使いまくった授業を展開しています。普段は「イラスト<実演」なのですが、この課と受身(37課)に限っては「イラスト>実演」を採用しています。だってその方がよくわかるみたいなんだもん。

イラストと言っても、新しく準備する必要はありません。
例えば14課で使った「てください」の絵カードに、15課で使った「てもいいですか」、17課「ないでください」の絵カードを使用します。

「窓を開けてください」のような、依頼のものではなく「名前を書いてください」などの指示の絵カードに限ります。
そこで、もう一つ準備しておくのが、付箋に書いた吹き出し。付箋だと、貼る→剥がす、がスムーズにできるので。

これで、48課の練習の準備は完了です。
あとは授業に行くだけです。

使い方は以下のとおりです。
絵は「本を読んでください」の絵カードとします。

①先生は何と言いますか? ※付箋の吹き出しを使って、先生の台詞を考えさせる 「読んでください」
②学生は 「読みます」
③先生は 「読ませます」

と、一通り「する⇔させる」の概念を理解させます。
この時、使役の形はまだ教えていませんから、学習者はルールを想像しながら何となく言っているだけです。

必ずすることは「何と言いますか?」という問いかけをして、直接相手に働きかける(=話す)ときは「てください」を使う、行動の描写(=説明)をするときは「~(さ)せる」を使う、ということをわかってもらうように、付箋を全ての絵に一度張り付けて台詞感を出しています。

概念がわかったら、活用のルール→短文作成と、進めていきます。

次は「ないでください」の絵カードです。
④先生は何と言いますか? ※付箋 「辞書を使わないでください」
⑤学生は 「使いません」
⑥先生は 「使わせません」
これで、禁止の言い方もできました。

最後に「てもいいですか」の絵カード。
⑦この人(A)は何と言いますか? ※付箋 「遊んでもいいですか」
⑧この人(B)は何と言いますか? ※付箋 「いいよ」
⑨この人(A)は 「遊びます」
⑩この人(B)は 「遊ばせます」
これで、容認(許可)も終了。

イラストは「絵で導入・絵で練習」を使わせていただいています。

https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B5%E3%81%A7%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%83%BB%E7%B5%B5%E3%81%A7%E7%B7%B4%E7%BF%92-%E8%B6%B3%E7%AB%8B-%E7%AB%A0%E5%AD%90/dp/4893585762/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1517316596&sr=8-1&keywords=%E7%B5%B5%E3%81%A7%E5%B0%8E%E5%85%A5+%E7%B5%B5%E3%81%A7%E7%B7%B4%E7%BF%92

まあ、使役の絵もあるので、そっちは復習で使えるしお勧めです。

良かったら、お試しください。


posted by 穂村香 at 21:57| Comment(0) | みんなの日本語 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。