2016年07月15日

意外と難しい「借りてもいいですか」

今日は本当に久々の初級クラスで、大変大変大変楽しかったです。

と、小学生のような感想文を書いている場合ではないのです。

15課の「てもいいですか」は、学生たちにとっては簡単なようで案外難しいということを、今日改めて感じました。

というよりも難しいのは以下の点なんだということが、わかりました。
①14課「てください」の次に15課「てもいいですか」があって、2つの文型では動作主が異なること
②「貸す・借りる」「あげる・もらう」「見る・見せる」は、1つの行為であっても、視点が違うことによって言葉が変わるということ

①だけでも頭の中が混乱するのに、②が加わることによって、さらにわかりにくくなるようです。

実際に、遅刻してきた学生は教室に入ってくるとき「先生、入ってもいいですか」とはさらっと言えるのに、
消しゴムや赤ペンなどを忘れてきた学生に「貸してもいいですか」と言われることが多くあって、なぜなんだろうとずっと思っていたのです。

で、今日は自分で教える機会に恵まれたので、「誰がしたいの?」「誰がするの?」「私は借りるの?貸すの?」と延々聞いて、一応の理解につなげられたと思っています。
以下、自分の覚書を兼ねて書いておきます。

(※Tはteacherの略。Sはstudentsの略。)
T:Aさん、少し暑いですから、ドアを開けてください。
A:はい。
T:誰がドアを開けましたか。
S:Aさんです。
T:私はドアを開けましたか。
S:いいえ、開けませんでした。
T:そうです。わたしは開けません。Aさんが開けます。「ドアを開けてください」です。

T:Bさん、少し暑いですか、窓を開けてもいいですか。
B:はい、いいです。どうぞ。
T:ありがとう。(窓を開ける)
T:誰が窓を開けましたか。
S:先生です。
T:そうですね。Bさんは窓を開けましたか。
S:いいえ、開けませんでした。
T:そうですね。Bさんは開けません。私が開けたいですから、聞きます。
 「窓を開けてもいいですか」です。

T:Cさん、消しゴムがありますか。
C:はい、あります。
T:すみません、私は消しゴムがありません。わたしは借りたいですか、貸したいですか。
S:借りたいです。
T:そうですね。私は借りたいですから、聞きます。「借りてもいいですか」
C:はい。どうぞ。
T:Cさんは借りましたか、貸しましたか。
S:貸しました。
T:そうですね。貸しました。「てください」を使って言いましょう。
S:貸してください。
T:いいです。わたしは貸しません。借ります。お願いします。「てください」は私はしません。
  Cさんがします。Cさんは「貸します」。Cさん、貸してください。です。
※上記のやりとりを学生が忘れものをした設定で何度も行う。
※「見せてください」「見てもいいですか」も、スマホの写真などを利用して行う。

最後のほうは「しつこいよ、わかったよ」という顔をされましたが(苦笑)、それはそれで良かったと自己満足。少しでも「わかった」につながったらいいなあと思っています。

↓ランキングに参加しています。よろしければ、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村


posted by 穂村香 at 23:11| Comment(0) | みんなの日本語 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。